友達つくりが上手くいかない場合

楽しかった映画の情報を共有したり、一緒に美味しいお店に足を運んだりと、友達がいる人生は豊かです。一方、世の中には友達を作りやすいタイプの人達と作りづらいタイプの人達が存在しています。友達つくりには何が必要なのでしょうか。

一般的に、人は会話していて楽しい思いができる人を好むものです。そうした人は人に「もう一度会いたい」と思ってもらえます。会話が楽しい人は、会話の引き出しが多い特徴があります。芸能から文学、政治問題まで、個人の世間話を越えて多様な話題に適応できるものです。もしも会話上手になりたい場合、常に多様な話題にセンサーを張って情報を仕入れるようにしましょう。こうした努力が「友達」に結び付きます。また、会話が上手い人は話している相手の意見をあまり否定しません。自己があるのは良い事ですが、あまりにも頑固な人は視野が狭いと思われてしまいます。会話が上手い人は常に他者肯定的ですから、そうした姿勢を取り入れて人と話すようにしましょう。表面的な友達はできるけれど、そこから距離を置かれてしまうという人は、他人に対して不寛容な可能性があります。

他にも、友達つくりにおいて最も大切なのはコミュニケーション能力です。コミュニケーションとは単なる会話能力ではなく、必要な時に相手に気持ちを伝える能力です。新しい友達と一緒に出かけた日の晩に、一言「今日はありがとう」とメールするだけで好感度は上がりますので、工夫を忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です